こんにちは、代表の相木です。このたび、ウガンダにてインターンを募集します。

なにをやっているか

①売店向けスマホ帳簿アプリShopto
アフリカのキオスク(小売店)向けスマホ帳簿アプリShoptoを開発・提供しています。

アフリカでは、スーパーやコンビニがなく、道端に建つキオスク(生活用品や食料品を販売する小売店のこと)が食料品や日用品などを買う上での重要なインフラとなっています。その数は、人口比にして100人に1店舗。日本のコンビニの20倍の数があります。

多くのキオスクは個人事業主により営まれていますが、 「情報の収集・分析・活用」に大きな課題があります。 ほとんどの場合レジはなく、紙とペンを使って売上の記録をしています。非常に面倒であるとともに、集計ができず、売上や利益を把握できていません。また、単品ごとに「いつ、何を、いくつ」仕入れるか考える上で必要なデータを整理することもできません。

そこで私たちは、売上と仕入れを簡単に記録でき、利益や在庫がチェックできるスマホ帳簿アプリShoptoを開発しています。 このアプリの導入により、 キオスク店主さんは、お店を適切に経営・成長していくことができます。

②販売データを活用した、多様な事業展開(中長期的に

スマホ帳簿アプリShoptoに記録されたデータを活用した様々な事業展開を計画しています。

■マイクロファイナンス機関との提携
帳簿データがあればリアルタイムの経営状況を知ることができます。マイクロファイナンス機関などと提携し、これまで融資をうけれなかった店舗に対しても、成長資金を提供することが可能になるでしょう。

■メーカーや卸との提携
各店舗での販売実績データは、メーカーや卸にとって貴重なデータになります。データを活かし、マーケティング戦略立案、プロモーションキャンペーン企画や新商品開発のサポートなどを行っていきます。

これら事業を通じて、アフリカの産業発展に貢献していきたいと考えています。

なぜやるのか

私たちは、「誰もが未来を拓けるように。」というミッションを掲げています。

私がアフリカに渡航した際に感じたのは、多くの人が今を楽しんでいるものの、未来に希望を抱けずにいることでした。努力が実りづらい環境が、未来を諦めさせていたのです。人の可能性を発揮することで、その人個人も幸せになり、国全体としても、大きく発展していける。 今開花してない人の分だけ、アフリカは、大きな可能性を秘めているのです。

そんなアフリカ・ウガンダの地で、私たちは、

  • 将来国を背負うような優秀な人材を育てること
  • 小売店を起点に産業を盛り上げ、雇用を生み出すこと
    を目指し事業を行っています。

どうやっているのか

ウガンダ首都カンパラの、シェアオフィスに入居し、5人のウガンダ人メンバーとともに事業を進めています。

今年7月には、Google PlayにてShopto帳簿アプリをリリースしました。利用者さんの声を聞きながら、継続的にアプリの開発を行っています。
また、自社小売店舗を活用し、小売り店舗ビジネスの経営ノウハウを蓄積させながら、アプリの機能改善に役立てています。

業務内容

(下記はあくまで例です。事業としてのタイミングや応募者の興味・経験に合わせて決めていきます。)

■お店への新規獲得営業
・ウガンダのいたるところに存在する個人商店に、突撃訪問してアプリの売り込みをしてもらいます。

■ Shoptoを使っているお店へのカスタマーサクセス・経営改善コンサルティング・ヒヤリング
・すでにアプリを利用している個々の商店が、Shoptoアプリを使いこなし、強い価値を感じてもらえるためのあらゆる方法を考え行動してもらいます。例えば、アプリの使い心地などヒヤリングをおこなったり、帳簿データを使っていかに売上改善できるかコンサルティングを行ったりします。
・ カスタマーサポートの型づくりだけでなく、アプリの追加すべき機能や機能改善の提案などしてもらえます。

■自社店舗の売上・利益改善
・自社運営のお店の売上や利益向上のために、提案・アクションをしてもらいます。

■製造メーカーや、卸とのパートナーシップに向けたヒヤリング・コネクションづくり
・メーカーや卸業者に提供できそうなサービスの仮説をたて、実際にアポ取り・ヒヤリングを行ってもらいます。

■マイクロファイナンス機関とのパートナーシップに向けたヒヤリング・リサーチ・コネクションづくり
・マイクロファイナンス機関に提供できそうなサービスの仮説をたて、実際にアポ取り・ヒヤリングを行ってもらいます。
・ウガンダ国内で自社でマイクロファイナンスを実施するチャンスがありそうか、リサーチしてもらいます。

■起業支援などを行うNGOなどとのパートナーシップ構築

■そのほか興味あれば
・養鶏ビジネスの調査
・農業関連事業の調査
・Shopto帳簿アプリの開発
ー UX/UIや機能追加に関するディスカッション
ー Androidアプリ開発(Kotlin)
ーWebサーバー開発(Ruby on Rails)

必須スキル

英語;社内公用語は英語です。

こんな人にきてほしい

■主体的に、提案し行動できる人
決まった仕事をこなすのではなく、目的・目標を達成するために何をするか考え、提案・実行してくれることを期待します。

■試行錯誤し、最善の方法を模索できる人
「こうすればうまくいく」という”型”はありません。筋の良い仮説と行動・振り返りを繰り返し”型”を作ることを目指して取り組んでいただきます。

■ 将来アフリカで働きたい、事業をしたいという人
私自身インターンをきっかけにアフリカで会社を始めるに至りました。アフリカで働くことを体験し、今後のキャリアを考える機会になればと思っています。

過去インターン生の声

「将来アフリカの発展に携わりたいという夢があり、それに私が「どのように」携われるかを見極めるために今回インターンに参加しました。主体性を重んじる環境であったので、目標達成のための計画から実行までを自分の力でやり抜くことが終始求められました。それを通し、ウガンダのビジネス知識や現場感覚を研鑽できました。また、日本で成功した事例がウガンダでも成功するとは限らないことが多く、試行錯誤したことも貴重な思い出です。」 早稲田大学3年

期間

3か月~1年

応募方法

下記メールアドレスに、「インターンしたいと思った経緯」を添えてご連絡ください。
info@croppre.com

カテゴリー: 採用

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA